熱海湾の花火や大規模イルミも必見! 静岡の冬イベント3選

特集

澄んだ空気が気持ちいい冬の静岡へ

2017/12/03

熱海湾の花火や大規模イルミも必見! 静岡の冬イベント3選

年末が近づき、この時期おなじみのイベントが楽しみになってきた冬の静岡。今回は、編集部が厳選した3つのイベントをご紹介。大迫力の花火大会や見どころ満載なイルミネーション、ものづくりを体験できるお祭りなど、家に閉じこもっているのがもったいなくなるイベントに注目しよう!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

いま静岡に行くべし! その理由とは?

12月の静岡はアツい冬のイベントがめじろ押し! 大輪の花火が熱海湾を彩る「忘年 熱海海上花火大会 2017」をはじめ、広大なフルーツパーク内がイルミネーションで埋め尽くされる「2017-18 ウインターイルミネーション はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」、クラフト作品の展示や模型作りが楽しめる「ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ2017」など、ビッグなイベントが盛りだくさん!

【編集部のおすすめはこちら】
1.「忘年 熱海海上花火大会 2017」
2.「2017-18 ウインターイルミネーション はままつフルーツパーク時之栖」
3.「ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ2017」

1.「忘年 熱海海上花火大会 2017」

約3000発の花火が熱海湾に打ちあがる冬の風物詩

夜景と花火が同時に楽しめ、最高にロマンティックな時間を過ごすことができる

1952年に始まった歴史ある花火大会。三面を山に囲まれた“すり鉢状”の熱海湾は花火の音がよく反響し、巨大なスタジアムよろしく、迫力あるライブ感で多くの花火ファンを魅了する。そんな会場で今回は約3000発が打ちあがるが、中でも必見なのがフィナーレの「大空中ナイアガラ」。会場全体から何発も打ちあがるこのスターマインは、真昼のように明るく、ダイナミックな鼓動を体感できる花火だ。おすすめの鑑賞スポットは、すべての花火を最初から最後まで見ることができる、サンビーチから熱海親水公園にかけて。熱海親水公園(第一工区)には、10店ほどの露店があるので、開催日である12/10(日)、12/17(日)はお腹を満たしながら冬の花火を楽しもう。

春夏秋冬、年間10回以上開催される名物花火大会。冬は、澄んだ空気に打ちあがる鮮やかな花火を見上げることができる

\もっと詳しく知りたい!/
熱海市観光協会の齊藤さんにイベントの見どころを教えてもらいました!

齊藤さん
齊藤さん
「フィナーレの花火と、全国の花火業者さんも絶賛するほどの音響をぜひ体感してください。2018年も1月から花火大会がスタートしますので、イベントに併せて熱海観光に訪れるのもおすすめですよ」

忘年 熱海海上花火大会 2017
場所:熱海湾
開催期間:12/10(日)、12/17(日)20:20~20:45    
※イベントの詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://www.ataminews.gr.jp/event/8/
電話:0557-85-2222(熱海市観光協会)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

熱海親水公園

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

2.「2017-18 ウインターイルミネーション はままつフルーツパーク時之栖」

“インスタ映え”するイルミスポットが盛りだくさん!

インスタ映え度120%の「光のトンネル」

普段はフルーツ狩りの客でにぎわう「はままつフルーツパーク時之栖」だが、この時期は、約300万球のLEDライトが輝く光の世界が出現する。今年はフルーツがテーマの「フルーツイルミネーション@光の果樹園」。2018/1/14(日)までいろいろなフルーツをかたどった色とりどりのモニュメントをいたるところで見ることができる。大きな楠木が全身にライトをまとった「イルミネーションツリー」やかわいいオブジェが集まった「出会いの広場」のイルミなど、思わずSNSに投稿したくなるようなスポットばかり。中でもおすすめは、全長約150mの「光のトンネル」だ。光に囲まれた幻想的な空間をゆっくり散策しよう。

今年のテーマであるフルーツのイルミもかわいく飾りつけられている
大切な人と特別な時間を過ごせる「光のトンネル」
全身が光に覆われた楠木も人気のフォトスポット
浜松市のゆるキャラ「出世大名家康くん」のオブジェもある「出会いの広場」のイルミネーション

園内の南西にあるエリアで行われる「噴水イルミネーション」も人気。1日に6公演あり、音楽に合わせて水と光が動く有料のショーだ(入園+噴水セット 大人1000円 子供500円 未就学児無料)。他にも、恐竜模型やワイナリー、ガラス温室などもライトアップされており、園内のどこを歩いても目を引く仕掛けばかりとなっている。

迫力満点の「噴水イルミネーション」
静止画でも動画でも絵になる圧巻のプログラムを展開

\もっと詳しく知りたい!/
「はままつフルーツパーク時之栖」の芦沢拓麻さんにイベントの見どころを教えてもらいました!

芦沢拓麻さん
芦沢拓麻さん
「『光のトンネル』や日本最大級の噴水ショーなど、ドラマチックな演出が自慢です。どこを切り取っても絵になりますので、いろんなところで記念撮影してみてくださいね!」

2017-18 ウインターイルミネーション はままつフルーツパーク時之栖
場所:はままつフルーツパーク時之栖
開催期間:開催中~2018/1/14(日)17:00~21:00    
※イベントの詳細は公式ホームページをご覧ください。
http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/eventinfo/details.php?id=228
電話:053-428-5211(代表)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

はままつフルーツパーク時之栖

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

3.「ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ2017」

約200店舗が出店する静岡を代表する“モノ作りイベント”

当日は約200ものブースが出店

静岡には、日本有数の模型メーカーがあり、工芸品も盛んなことから“ホビーのまち”として有名。そんな静岡が誇るモノ作りに触れられるイベントが、12/9(土)~10(日)に「ツインメッセ静岡」の北館と南館にて開催される。北館では、模型メーカーによる新作の展示や、実際にプラモデルなどの制作体験もできる「模型の世界首都 静岡」を実施。そして、南館は、「手づくりホビーワールド」として、アクセサリー、人形、陶器、グラスなど、12ジャンルの作家作品の展示や販売を行う。

様々な作家の新作が並ぶ
クラフト体験ができるブースもある

北館のステージでは、9日(土)はティーンによるファッションショー「SHIZUOKA コレクション」が披露される。10日(日)は静岡県美容専門学校の学生によるブライダルショーが必見だ。

美容専門学生によるブライダルショー

\もっと詳しく知りたい!/
主催であるホビー推進協議会静岡の飯島さんにイベントの見どころを教えてもらいました!

飯島さん
飯島さん
「『都合が合わなくてイベントに行けない!』という方もご安心を! 11月20日(月)から12月9日(土)までは、JR静岡駅地下の『しずチカ情報ポケット』にて、一足早く『クリスマスフェスタ2017』の展示を行っています。工芸品や模型などが見られますので、ぜひ立ち寄ってみてください」

ホビーのまち静岡 クリスマスフェスタ2017
場所:ツインメッセ静岡
開催期間:12/9(土)~10(日)9:00~17:00    
※イベントの詳細は公式ホームページをご覧ください。
http://www.hobby-shizuoka.jp/xmas17/
電話:054-286-5105(株)タミヤ内クリスマスフェスタ係

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

ツインメッセ静岡

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/冬の花火で2017年を締めくくるのもステキだなぁと思いました。花火と一緒に観光も楽しみたいところですが、海の幸が豊富な熱海のグルメも気になるところです。

取材・文=森川和典(シーアール)

※各イベントの写真は全て過去の開催時のものです。

\合わせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES