花に囲まれて女子力をチャージ。みよし市の隠れ家カフェ

花に囲まれて女子力をチャージ。みよし市の隠れ家カフェ

2017/12/11

名古屋市天白区で人気だったカフェ『はなあーと』のスタッフが、新たに愛知県みよし市にオープンした『Halleloo Garden(ハレルゥガーデン)』。花に囲まれた隠れ家カフェです。

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

お花のプロが作る抜群のセンス。どこを撮っても絵になるお店

『はなあーと』で総合プロデュース、フラワーデザイナー、カフェプロデュースを務めた大宮司さんがースタッフと共始めた『Halleloo Garden』

花と緑がいっぱいの外観

プリザーブドフラワーからアーティフィシャルフラワー、オーナー手作りのアロマソープフラワーアレンジメントを購入でき、実力ある花のプロが心を込めて作るブライダルなどのフラワーギフトが満載です。

『はなあーと』で店長をしていた大宮司さんのご主人・渡邉さんがガーデンや植栽などの庭の仕事を担当しています。

ブルーの壁に教会のアンティークのイスや机など、ぜひ参考にしたいプロのセンス
かわいらしいピンクの壁と花々にきゅん!店内からはお庭ものぞめます
「オリジナル A lunch」(1850円)

8割が注文する予約必至のNO1人気メニュー。ハレルゥチキン(チキンコンフィ)、オリジナルブレンドハーブソルトの季節野菜のグリル、季節の食材の日替わりミニデリ3品~、野菜とチキンのコンソメスープ、ターメリックライス、野菜サラダ、ドリンク(写真はグレナデンソーダ)、プチデザート付き 。

人気の秘密 はオリジナルレシピで10種類以上のスパイスやハーブ、岩塩でなじませ、仕込みに3日間かけて作られているハレルゥチキン!オーナ直伝、門外不出のレシピでここでしか味わえないチキンのコンフィを楽しんで。

「C lunch」(1500円)

写真は日替わりカレーランチ。カレーの中身は当日のお楽しみです。本日のカレー、たっぷり野菜サラダ、日替わり季節の食材のミニデリ3品~、日替わりプチデザート、ドリンク、プチデザート付き。色鮮やかでボリューム満点です。

ほかにも野菜だけのランチや14時から18時まで提供するライトミートプレートなど、趣向を凝らしたメニューも。季節の野菜は契約農家から直接配送されているので新鮮です。

「ビストッピングサンデー」(880円)

季節のデザートプレートやパフェなど、スイーツも充実しています。

カラフルでインスタ映えすること間違いなしの「ビストッピングサンデー」。2017年7月に登場した新メニューです。クッキーやメレンゲ、ハートのチョコレート、おいり、プレッチェル、アイスの上にプチケー キが2個オン。ティータイム14:00~18:00(LO)のみのメニューです。

色鮮やかなアーティフィシャルフラワー
アーティフィシャルフラワーの花束

本物かと思うほど美しい造花アーティフィシャルフラワーはプロポーズや記念日に喜ばれそう。ずっと枯れずに美しいままですよ。

アロマソープフラワーアレンジメント

ハンドソープとして使える特殊な石鹸粘土で作られた花をアレンジした店主・大宮司さんオリジナル。芳香が薄れた後も好みのアロマオイルを使って楽しめます。

リボン

リボンの種類も豊富。数十種類の中から好きな色や柄をセレクトできます。

お花に埋め尽くされた美しいカフェ。訪れるだけで女子力が上がりそう! ぜひ皆さんもパワーチャージに訪れてみてはいかがでしょう。

Halleloo Garden (ハレルゥ ガーデン )

住所:愛知県みよし市三好町上222-1
電話番号:0561-56-1080
営業時間:11:00~19:00 ※ランチ11:30~14:00(LO)、ライトミール・ティータイム14:00~18:00(LO) ※ランチは電話予約がオススメ
定休日:月曜、隔週日曜休業 ※HPで営業日の確認を
アクセス:R153豊田西バイパスより車で約6分
駐車場:9台

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

NAGOYAMAG

NAGOYAMAG

20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開。NAGOYAMAGはより深く、よりリアルな情報をネット配信しています。

日本プリコム

日本プリコム

お客様の”これが欲しかった!”をお届けします。 お客様の”これが欲しかった!”をご提供するため、編集、デザイン、DTP、WEB、 ITツールを駆使して、ニーズに合ったモノづくりをしていきます。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA MAG

NAGOYA MAG

定番から通なスポットまで、より深く、よりタイムリーに情報配信。 20年以上、地元・名古屋、東海地区の情報を地元のライター陣で書き続けてきたノウハウを元に、雑誌からwebメディアへ展開しています。

NAGOYA MAG が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載