街と共に歴史を重ねた名USED店。アメ村の古着屋「RAIN」

2017/12/27

街と共に歴史を重ねた名USED店。アメ村の古着屋「RAIN」

古着という存在と文化が根付いた大阪で、今なおその精神は脈々と受け継がれており各々の解釈の元で進化した古着屋がたくさんある。そんな知ってほしい古着屋を根こそぎ紹介。大阪の古着屋が持つ魅力に触れてみてほしい。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

フロアもラインナップも幅広く深化した古着屋さん

RAIN - レイン

中正ビルが老巧化によって取り壊され、19年の歴史にいったん幕を下ろした『レイン』。昨年の始めに新たな舞台に選んだのは、移転前の場所から徒歩30秒圏内にあるビルの3階だ。1.5倍に拡大したフロアは以前のようなコの字型の作りではなく、中に入るなり鮮やかなアイテムが一気に視界に飛び込んでくる。

一着のリバースウィーブに、同色同サイズの別の袖を加えたリメイクスウェット¥12800。大胆すぎるアイデア…
いい感じに味の出たダブルライダース¥28000。縦型ポケットとフラップポケットの“Dポケット”が’50sの証

14年に中崎町にできた姉妹店『ガーデン』はレディースがメインだが、ここは男女やレギュラー、ヴィンテージの垣根を軽~く超えたごった煮セレクトが今なお健在。リニューアル以降はオーナーの大沼寛幸さんが手掛けるリメイクモノも増え、46インチものデニムの前と後ろを摘まんでサイズダウンしたものや配色の異なる二着の生地を使ったネルシャツなど、ユニークかつフレッシュなプロダクトが古着に混ざる。

移転前から長らく取り扱っている手巻きの時計は、大沼さんの趣味でもある’40sから’50sのアンティークばかり

96年のオープン時と違って古着屋が少なくなってしまったこともあり、今もこうして東心斎橋に根を張るのはまさに街の誇り。これからも大いに頼りにしたい。

※掲載アイテムの現在の在庫状況については各店へお問い合わせ下さい

Yahoo!ロコRAIN
住所
大阪市中央区東心斎橋1-12-3 協栄ビル3F

地図を見る

アクセス
長堀橋駅[5-A(長堀橋駅)]から徒歩約2分
心斎橋駅[5(心斎橋駅)]から徒歩約4分
松屋町駅[4]から徒歩約9分
電話
06-6282-9025
営業時間
13:00~20:00(土日祝12:00~)
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

●●こちらの記事も読まれています●●

語れるヴィンテージデニムが欲しい。大阪のBEST4ショップ
さりげなさがかっこいい心斎橋のコーヒースタンド
COMEPASS  -コンパス-

COMEPASS -コンパス-

関西のとっておき新発見を毎日

大阪・京都・神戸を中心に「関西」にまつわるファッション・グルメ・遊びを毎日配信するWEBマガジンです。

この記事を書いたライター情報

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

関西の「おしゃれ・暮らし・遊び方」を毎日配信するWEBマガジン。20年以上、関西のユースカルチャーを牽引してきた雑誌『カジカジ』のプロデュースにより発信される情報は、どこよりもディープでフレッシュなものばかりです。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI- が最近書いた記事

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES